企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「アクションラーニング」で戦略実行力を高める(前編)

~組織変革を実践的・効果的に進めていくための方法とは~

(1/3ページ)

2016/03/18

近年、組織変革を進めるための手法として、戦略実行力を高める「アクションラーニング」が注目を集めている。アクションラーニングとは、各部門から横断的にメンバーを選出してプロジェクトを編成し、実際の経営課題をテーマに、実効性のある改革プランを策定・実践していく一連のプロセスのこと。それでは、アクションラーニングによって組織変革を進め、実効性を高めていくにはどのような設計・運用を行えばいいのか。「前編」はこのポイントに絞って解説していく。

「アクションラーニング」の特徴と効果・効用
◆「アクションラーニング」で実現が期待されること

近年、人材教育の現場において、「アクションラーニング」という言葉自体はかなりなじみのあるものとなってきた。そもそもは、現実のビジネスの中で実際に生じている「課題」を解決するプロセスを通して、個人そして組織として学習し、組織能力の向上につなげていく一連のサイクルのことである。特徴は「座学」ではなく、「行動」や「実践」から学ぶ側面が非常に強い研修手法であること。ちなみに、NPO法人日本アクションラーニング協会では、アクションラーニングを次のように定義している。

アクションラーニングは、グループで現実の問題に対処し、その解決策を立案・実施していく過程で生じる、実際の行動とそのリフレクション(振り返り)を通じて、個人、そしてグループ・組織の学習する力を要請するチーム学習法です。

事実、最近の企業における活用例を見ても、「経営現場で起きている実際の課題を学習の俎上(そじょう)に載せ、新しいタイプの人材開発や組織開発を行う」「自部門の課題について、さまざまな視点から検討し、自らアクションへと展開して変革を起こし、個人・組織として学習する」「実際の組織における課題解決とそのための手法・スキル習得を同時に行い、自律的な変革型組織を創り出す」といったように、課題解決や戦略実行力を向上するために実施しているケースが多い。

またアクションラーニングは、経営の視点における「組織変革」と、個人の視点における「能力開発」を同時に実現する特徴を持っている。例えば、経営の視点に立って言うと、「実際の経営課題を扱う(経営に直接貢献する)」「ビジネスの成果に結び付く(業績向上につながる)」「自律的な変革型組織を生み出す」「新たな組織としての力を開発する」などの特徴がある。

一方、個人の視点に立つと、「経営課題を自分の課題として捉える(経営人材の育成)」「経営課題の解決に向けて自分が行うべきことにコミットする(自律的人材の育成)」「知識・スキルの習得と実践を融合しながら学ぶ」「実践の繰り返しにより、学習のプロセスを習慣化する」などである。このように、経営と個人の双方に働きかけることによって、実践における学習モードが形成され、その結果、個人の戦略実効性が高まり、組織変革を促していくことになる。

したがって、アクションラーニングはこれまで行われていた教室の中での研修やケーススタディなどと異なり、過去のケースとしての正解(知識・スキル)を学ぶ類のものではない。現実の場での課題解決という実践を通して、経営人材(リーダー)としての人間力(ソフトスキル)向上を促し、組織変革を進め、未来の課題解決に対する力(戦略実行力)を開発していく取り組みなのである。その結果、組織としての持続的な成長へとつながっていくことになる。

◆「アクションラーニング」が求められている背景とその歴史

経営を取り巻く環境が大きく変化している中、予測不可能な課題に対して的確な戦略を策定し、速やかに実行していく組織と個人が求められている。常に新しい環境に適応する戦略・施策を自らが考え出し、解決していかなければ、これからの競争に勝ち残っていくのは難しい。そのためには新たな課題に対処できるよう、個人も組織も学び続ける必要がある。なぜなら、自然に任せていると、学びの場はだんだんと枯渇し、欠乏していく傾向があるからだ。事実、エクセレントカンパニーと言われる企業の中には、「学習する組織」であり続けるために、あえて学びの場を“人工的”に構築しているところもある。そういう意味でも、行動と実践から学ぶアクションラーニングは、学びの場として最適の手法の一つと言えるだろう。

アクションラーニングは、最近になって開発された新しい手法ではない。その歴史は古く、1930年代に英国のケンブリッジ大学の物理学者レグ・レバンスがその原型(ひな形)を考案した。その後、多くの研究者や実践者がアクションラーニングの効果・効用を評価していった。1970年代には欧州を中心にミドルマネジャーの能力開発の手法、そして1980年代には米国でリーダーシップ開発の手法として注目されるようになり、進化してきた学習スタイルである。さらに、環境変化のスピードの速い近年では、アクションラーニングの特徴である行動と実践という学習スタイルがより時代のニーズにマッチし、広く世界に展開している。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第108回
新しい採用スタイル「再入社制度」による効果とは(後編)
~元社員が社外で得た知見を活用することで、人と組織の多様性を実現する~
「前編」でも見たように、一口に「再入社制度」といっても、そのネーミングはさまざま。「即戦力化」という点で共通してはいるものの、経営戦略や、何よりも人材戦略から導...
2017/08/04掲載
人事マネジメント「解体新書」第107回
新しい採用スタイル「再入社制度」による効果とは(前編)
~元社員が社外で得た知見を活用することで、人と組織の多様性を実現する~
有効求人倍率がバブル期水準に達し、人材不足が深刻化している。中途採用を行っても、なかなか思うような人材を採用できない企業は多い。このような状況下、一度退職した後...
2017/07/28掲載
人事マネジメント「解体新書」第106回
「健康経営」の時代
~健康を「経営課題」と位置付け、社員の健康増進図る企業例(後編)
「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することに他ならない。経営の視点から従業員個々人の健康に介入することによって、利益効率の高い...
2017/04/27掲載

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第92回
「アクションラーニング」で戦略実行力を高める【後編】
アクションラーニングに関する考え方と実務的な対応について見てきたが、アクションラーニングが企業経営のさまざまな場面・目的に対応できることをお分かりいただけたこと...
2016/03/24掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第82回
「次世代経営リーダー」をいかに育成していけばいいのか(後編)
『前編』は、次世代経営リーダーに関する考え方と、その確保・育成のあり方について見てきた。『後編』では、経営層自らが先頭に立って、新しいマーケットを切り開くために...
2015/04/10掲載人事マネジメント解体新書
学校法人立教学院:
立教学院が取り組む、学校職員の能力開発を促す「リーダーシップ研修」とは(後編)
『前編』では、大学を取り巻く環境変化の下、立教大学が職員の能力開発を進めていくようになった背景と取り組みについて伺いました。『後編』では、職員の現場力を高めるた...
2015/04/06掲載となりの人事部
大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した
いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」を迎えると言われます。現在、働きながら家族の介護を担っている人は全国で約291万人。また、...
2015/02/27掲載注目の記事
5. コーチング研修の企画・導入のポイント
効果的なコーチング研修を実施するためには企画・導入でそれぞれ押さえておきたいポイントがある。ここでは5つに絞って解説する。
2012/12/03掲載よくわかる講座
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...