無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人事マネジメント「解体新書」第86回
「ストレスチェック」義務化に伴う実務にどう対応するか【後編】
~導入企業に見るストレスチェックの実際と活用方法[前編を読む]

2015年12月1日から導入される「ストレスチェック制度」。『前編』では、法施行に向けてどのような準備を行い、何を実施すればいいのかを見てきた。『後編』では、既に「ストレスチェック」を実施している2社の事例を取り上げ、どのような狙い・目的を持ってストレスチェックを導入したのか、またストレスチェックの結果をどう活用しているのかなど、運用に当たってのポイントとなる事項を紹介していく。

「ストレスチェック」導入のために必要な準備とは

◆社員にはストレスチェックを受けない自由がある

「ストレスチェック」を実施する際、社員にはストレスチェックを受けない自由が与えられていることを忘れてはならない。多くの社員はストレスチェックの結果を、必ずしも経営者や上司に対して申告しようとは思わないだろう。なぜなら、結果の内容によっては、自分自身の処遇や将来のキャリアに対して、マイナスになるという不安があるからだ。

事実、厚生労働省が2014年12月17日に公表した「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する検討会報告書」でも、ストレスチェックを受けた人たちが以下のような「不利益」を職場で被る恐れがあることを懸念している。

  1. 解雇されてしまうこと
  2. 期間を定めて雇用されている人が、契約を更新してもらえないこと
  3. 退職を勧奨されること
  4. 不合理な配置転換や降格を命じられること
  5. その他、労働法に反する差別的な扱いを受けること

そのため、以下の点についてはストレスチェックを受ける人たちの自由であることを、制度導入前に再確認し、周知徹底しておく必要がある。

  1. ストレスチェックを受けるかどうか
  2. 面接指導を申し出るかどうか
  3. ストレスチェックの結果を会社側に知らせるかどうか
  4. ストレスチェックに関する相談をどこで受けるか

◆社内外のスタッフとの緊密な連携と対応が不可欠

「ストレスチェック制度」を円滑に導入していくためには、自社の産業保健スタッフ、ストレスチェックを企画・実施する担当者(医師・保健師・一定の研修を受けた看護師・精神保健福祉士)、面接指導を行う産業医などとの緊密な連携と対応が不可欠である。その際、社員一人ひとりのストレスチェックの結果といった個人情報は、各担当者が法令などに従い、適正に管理していかなくてはならない。その中でも、面接指導を行う産業医などの果たす役割は大変重いと考えられる。

周知のように、企業には社員に対する健康への影響がないようにする安全配慮義務を負っている。2014年3月24日の最高裁判所の判例でも、健康の不調が想定される場合には、社員が申告しづらいことも理解した上で、業務を軽減するなどの措置を講じる必要があるとしている。今後、ストレスチェックで体調不良を申告していた場合には、積極的な対応を取る必要が出てくるのは間違いないだろう。そのためにも、十分な見識・経験を有する医師と契約を結ぶことが、企業にとって重要な課題である。

次ページからは、「ストレスチェック義務化法案」の施行に先行し、ストレスチェックを導入した企業2社の事例を取り上げていく。

この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます

登録45秒!すぐに登録できます!

無料会員登録 会員の方はログイン

次のページ外部の社員支援プログラム(EAP)を活用し、予防活動を展開

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
労働安全衛生法
受動喫煙
業務上疾病
ストレスチェック
産業医