無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

社員のプライベートを包含した従業員体験(EX)を再定義する

タワーズワトソン Product Leader Engage Adam Zuckerman氏、Managing Director Employee Experience Stephen Young氏、ディレクター Employee Experience(EX) 松尾 梓司氏

社員のプライベートを包含した従業員体験(EX)を再定義する

社員が会社に対して期待する要素は近年大きく変化しています。特に着目すべきは、社員は会社のみならず、仕事から離れたプライベートな領域・世界においても自分らしくありたいを望むようになっていることで、この実現をサポートする雇用主を好む傾向が強まっています。

COVID-19に伴う職場環境の変化は、社員の視点を大きく変えました。リモートワークや(リモートワークとオフィス勤務を組み合わせる)ハイブリッドワークが広がる中で、公と私をリアルタイムに両立させるという生活を多くの社員が経験しました。パンデミックの終息後も社員がリモートワークを続けるにせよ、ハイブリッドワークに移行するにせよ、あるいはフルタイムでオフィスに戻るにせよ、仕事と仕事以外の生活を同じ時間と場で両立したという経験は強烈なものであり、このような新しい現実をサポートしてくれる雇用主を社員は強く求めています。

新しい従業員体験の定義

こうした変化の中、会社が社員に提供する従業員体験(EX: エンプロイー・エクスペリエンス)に何が求められるのでしょうか。会社にとっては、上司と従業員の関係や、昇進の機会、同僚とのつながり、魅力的な報酬といった従来からいわれているEXの領域を超えて、プライベートも含めた社員の体験についてより広く考える必要が生まれます。具体的には、社員の心身の健康や経済的な豊かさ、そして家族関係までもサポートするという、より広い視野でEXを捉えることが求められます。

例えば高齢の親を介護することや、心の病と闘うこと、大学の学費を工面することなどは、厳密に言えば“会社で働く中で社員が経験すること”という狭義の意味でのEXには含まれません。しかし、これらは社員の仕事に向き合う姿勢や意欲に強く影響するものであり、賢明な企業はこうした課題を抱える社員をどのようにサポートできるか考え、有効な施策を展開しています。

年老いた親の介護を考えてみましょう。高齢の親を介護することは、中堅社員にとって一般的な課題ですが、親の介護を支援するために会社が社員にできることは、公式な人事制度以外にも多くあります。たとえば、本人が柔軟な業務スケジュールを設定して業務を進められる環境を提供したり、仕事の負荷を調整したりすることは、上司の裁量によって実現可能です。こうした取り組みは、課題を抱える社員にとって魅力的というだけでなく、実は業績にも直結するものです。

当社が今年に約1万人の社会人を対象に実施した調査では、給料日前の生活による経済的ストレスは、孤独感や不安感の増大だけでなく、生産性の低下とも関連することが示されました。さらに、会社の福利厚生プログラムをより好意的に評価している社員は、より生産的かつ積極的に業務に取り組んでいることがわかりました。

新しい従業員体験を描くため、社員の声に耳を傾ける

社員や求職者から「選ばれる雇用主」になるために、会社は単に競争力のある報酬や能力開発の機会、健全な社風を提供するだけでは不十分です。新しい時代では、私的な体験をも含めたポジティブなEXを提供する必要があるのです。実際に、新しい従業員体験やそこに含まれるウェルビーイングを重視する企業が近年確実に増加しています。

一方で、残念ながら昨今提供されている従業員調査の多くは、エンゲージメントやリーダーシップ、上司のマネジメントの良し悪しといった、現状の職場に関するテーマ、即ち旧来型の従業員体験の内容に終始しています。従業員体験の新しい定義が“職場外での私的な体験も含むもの”であることを踏まえると、より広範な領域について社員の声を収集することが求められます。これに合わせ、社員の意見や見解を収集する手法もまた、最適なものに見直さなくてはいけないかもしれません。例えば、選択式のアンケートや従業員意識調査では浮かんでこない社員のニーズを把握するため、定性的な社員の生の声をできるだけ多く収集することが有効です。

リーダーが新しい従業員体験の実現を主導する

組織を成功に導くリーダーは、新しい従業員体験の重要性を深く認識し、自身が行うすべての活動において、部下や周囲のEXの最大化を実現できる人材といえます。このようなリーダーが新しい従業員体験を部下・周囲に提供するために行う様々な取り組みは、社員の仕事内外での生活を向上させるだけでなく、彼らのエンゲージメントとビジネスパフォーマンスを向上させるでしょう。リーダー・上司にこのような役割を付与し、その効果的な発揮に向け研修や情報提供等の形で彼らを支援することも、新しい従業員体験の実現に向けた会社の有効な施策となります。

※ 本記事は、WTWの海外に在籍するコンサルタントにより執筆された記事を和訳し、日本のコンサルタントによる見解を追加したものです。

WTW(ウイリス・タワーズワトソン)

WTWは、企業に対し、人材、リスク、資本の分野でデータと洞察主導のソリューションを提供しています。
世界140の国と市場においてサービスを提供しているグローバルな視点とローカルな専門知識を活用し、企業戦略の進展、組織のレジリエンス強化、従業員のモチベーション向上、パフォーマンスの最大化を支援します。

私たちはお客様と緊密に協力して、持続可能な成功への機会を見つけ出し、あなたを動かす視点を提供します。
https://www.wtwco.com/ja-JP

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
デジタルウェルビーイング
アクティブレスト
ウェルビーイング