企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

イベントレポート

eラーニングアワード 2012 フォーラム
第9回 日本e-Learning大賞 受賞者決定!
(2012/12/3掲載)

日本e-Learning大賞ロゴマーク

2012年11月28日(水)~30日(金)の3日間、「eラーニングを取り巻く現状と未来」について豊富な事例とともに紹介・発表・議論する国内唯一の総合フォーラム、『eラーニングアワード2012フォーラム』が開催されました。

今回、『日本の人事部』では、本フォーラムとの併催で、11月28日(水)に行われた『第9回 日本e-Learning大賞』授与式を取材。当日の模様と、受賞者をご紹介します。


【第9回 日本e-Learning大賞 授与式概要】
日時 2012年11月28日(水)12:00~13:00
会場 東京 秋葉原「UDX」THEATER
内容
  • 部門賞発表
  • 経済産業大臣賞表彰
  • 文部科学大臣賞表彰
  • 総務大臣賞表彰
  • 厚生労働賞表彰
  • eラーニング・オブ・ザ・イヤー(日本e-Learning大賞)表彰
  • 写真撮影

『日本e-Learning大賞』は、企業・自治体・団体におけるeラーニングを用いた生産コストダウン・生産性向上・業務改革、また学校・個人においては新しい学習の可能性・学力向上に役立つさまざまなコンテンツ・ サービス、ならびにソリューションを表彰する賞で、今回が9回目の開催となります。経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省が後援し、幅広いeラーニングの取り組み事例を表彰するものです。

授与式では、司会により各賞が発表され、『eラーニングアワード2012フォーラム』実行委員長である岡本敏雄氏や来賓の方々から、表彰状が贈呈されました。受賞された方々の一覧は、下記の通りです。

各賞名 所属団体名 タイトル名
eラーニング・オブ・ザ・イヤー (日本e-Learning大賞)

千葉県立袖ヶ浦高等学校

一人一台タブレット端末を利用した協働・共有型学習

経済産業大臣賞 株式会社リクルート 『ソーシャルカレッジ』 ~eラーニングと実践行動をつないだ、 社会人基礎力を伸ばす仕組み~
文部科学大臣賞 株式会社すららネット 対話型アニメーション教材「すらら」
総務大臣賞 イングリッシュタウン株式会社 世界最大級のオンライン英会話スクールEnglishtown
厚生労働大臣賞 名城大学薬学部、ナラティブ株式会社 学びの統合とアウトプット訓練のためのシミュレーション教材e-PDE
e-Learningクラウド部門賞 株式会社ネットラーニング 1,600万人が利用する多機能・統合型LMS「Multiverse」
e経営シミュレーションゲーム部門賞 株式会社ガーラ 経営が体感できるシミュレーションゲーム オンライン戦略MG
アクティブラーニング部門賞 国立大学法人 名古屋大学
教養教育推進室
自己教育力の養成を目指した自律学修型
eラーニングプログラムの開発-国際標準の学術英語教育-
英単語部門賞 株式会社エル・インターフェース 英単語学習アプリ ディクタン
国際貢献部門賞 一橋大学イノベーション研究センター e-Educationプロジェクト アジア最貧国バングラデシュ版
ドラゴン桜e-Educationプロジェクト
スマート学習部門賞 羽根拓也、中島聡 学習者から勉強の苦労を解放するツール
「neu.Tutor(ノイ・チューター)」
ソーシャルオンライン英会話部門賞 株式会社ベストティーチャー 自分だけのオリジナル教材が作れる
ソーシャルラーニングオンライン英会話「ベストティーチャー」
バーチャルトレーニング部門賞 日産自動車株式会社 日産バーチャルトレーニングシステム
ビジュアルナビゲーション部門賞 株式会社シェアウィズ 学びが見える学習サービス ShareWis(シェアウィズ)
リソース活用技術部門賞 エル・ピー・ティー コンサルティング合資会社 FLASHコンテンツ資産をマルチデバイスで活用する ワンソース・コンテンツ方式エンジン: Molee

授与式の最後には、授与式に参加された皆さまで記念撮影も行われましたが、皆さま、今回の受賞を、大変お喜びのご様子でした。

eラーニングアワード 2012 フォーラム Photo eラーニングアワード 2012 フォーラム Photo eラーニングアワード 2012 フォーラム Photo

授与式の後には、『第9回 日本e-Learning大賞』受賞者によるプレゼンテーションを実施し、それぞれの取り組みについて、詳しく解説。参加された皆さんは、熱心に耳を傾けていました。

その他にも、『eラーニングアワード2012フォーラム』では、企業や学校などの各種団体による展示ブースや、さまざまな講演を開催。まさに、eラーニングについて徹底的に学び、情報を得られる3日間でした。参加された方々はきっと、さまざまな気づきを得られたことでしょう。

eラーニングアワード 2012 フォーラム Photo eラーニングアワード 2012 フォーラム Photo eラーニングアワード 2012 フォーラム Photo

『日本の人事部』では今後も、人事担当者としてぜひ聴いておきたい講演、参加しておきたいセミナーなどのレポートをお届けしていく予定です。次回のイベントレポートにも、どうぞご期待ください。

※『eラーニングアワード2012フォーラム』詳細はこちらをご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部 HRアカデミー 2018冬期講座
就活ルール廃止後の新卒採用――その理論と戦略
経団連は2021年卒の新卒採用から就活ルールを廃止することを決定。今後は政府・経済界・大学の三者で構成する協議会が、新たなルール整備を担うことになった。これによ...
2019/02/04掲載
ライフシフト・ジャパン株式会社 設立一周年&書籍出版記念イベント
「日本版ライフシフト」の法則
2018年12月4日(火) @日本橋 WASEDA NEO
『ライフシフト』を「人生の主人公として、『100年ライフ』を楽しむこと」と定義し、この考え方を日本に根づかせ、「人生100年時代」に一人でも多くの人がワクワク、...
2019/01/08掲載
日本の人事部 HRアカデミー2018 夏期講座
新しい時代、人事に求められる役割とは
―将来に向けた非連続な成長を実現するために―
ITの進展により、企業は大きな環境変化にさらされている。製品のライフサイクルは短くなり、顧客行動がビックデータで解析され、スモールマスという小市場が無数に生まれ...
2018/11/16掲載

関連する記事

6. eラーニング研修の企画・導入のポイント
eラーニング研修の企画・導入のポイントを整理。「他の教育手法を含めて検討する」「受講者のニーズを把握する」「学習効果を上げるための仕組み」などについてまとめた。
2013/03/28掲載よくわかる講座
5. eラーニングの活用事例
eラーニングの代表的な活用事例「内定者教育」「社内ビジネススクール」「新人事制度理解」「コンピテンシーマネジメン」「近々の課題・テーマ」「モバイルラーニング」「...
2013/03/28掲載よくわかる講座
4. eラーニングの目的別活用法
eラーニングを活用することで、幅広いビジネススキルや知識を習得することができる。集合研修と比較した場合、eラーニングはおもに「知識を習得する」という目的に適して...
2013/03/28掲載よくわかる講座
3. eラーニングと集合研修の特徴
ここでは集合研修および他の学習形態とeラーニングそれぞれの特徴を整理。集合研修の一部をeラーニングに置き換える、集合研修の前後の課題をeラーニングで補完するなど...
2013/03/28掲載よくわかる講座
2. eラーニングの種類
自社システムかASPサービスかといったeラーニング環境や、端末の種類、活用方法など、eラーニングの種類を整理する。
2013/03/28掲載よくわかる講座
【用語解説 人事キーワード】
スナックラーニング
モバイルラーニング
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...