無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

eラーニングアワード 2012 フォーラム
第9回 日本e-Learning大賞 受賞者決定!

eラーニングアワード 2012 フォーラム 第9回 日本e-Learning大賞 受賞者決定!

2012年11月28日(水)~30日(金)の3日間、「eラーニングを取り巻く現状と未来」について豊富な事例とともに紹介・発表・議論する国内唯一の総合フォーラム、『eラーニングアワード2012フォーラム』が開催されました。今回、『日本の人事部』では、本フォーラムとの併催で、11月28日(水)に行われた『第9回 日本e-Learning大賞』授与式を取材。当日の模様と、受賞者をご紹介します。

【第9回 日本e-Learning大賞 授与式概要】
日時 2012年11月28日(水)12:00~13:00
会場 東京 秋葉原「UDX」THEATER
内容
  • 部門賞発表
  • 経済産業大臣賞表彰
  • 文部科学大臣賞表彰
  • 総務大臣賞表彰
  • 厚生労働賞表彰
  • eラーニング・オブ・ザ・イヤー(日本e-Learning大賞)表彰
  • 写真撮影

『日本e-Learning大賞』は、企業・自治体・団体におけるeラーニングを用いた生産コストダウン・生産性向上・業務改革、また学校・個人においては新しい学習の可能性・学力向上に役立つさまざまなコンテンツ・ サービス、ならびにソリューションを表彰する賞で、今回が9回目の開催となります。経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省が後援し、幅広いeラーニングの取り組み事例を表彰するものです。

授与式では、司会により各賞が発表され、『eラーニングアワード2012フォーラム』実行委員長である岡本敏雄氏や来賓の方々から、表彰状が贈呈されました。受賞された方々の一覧は、下記の通りです。

各賞名 所属団体名 タイトル名
eラーニング・オブ・ザ・イヤー
(日本e-Learning大賞)
千葉県立袖ヶ浦高等学校 一人一台タブレット端末を利用した協働・共有型学習
経済産業大臣賞 株式会社リクルート 『ソーシャルカレッジ』 ~eラーニングと実践行動をつないだ、社会人基礎力を伸ばす仕組み~
文部科学大臣賞 株式会社すららネット 対話型アニメーション教材「すらら」
総務大臣賞 イングリッシュタウン株式会社 世界最大級のオンライン英会話スクールEnglishtown
厚生労働大臣賞 名城大学薬学部、ナラティブ株式会社 学びの統合とアウトプット訓練のためのシミュレーション教材e-PDE
e-Learningクラウド部門賞 株式会社ネットラーニング 1,600万人が利用する多機能・統合型LMS「Multiverse」
e経営シミュレーションゲーム部門賞 株式会社ガーラ 経営が体感できるシミュレーションゲーム オンライン戦略MG
アクティブラーニング部門賞 国立大学法人 名古屋大学 教養教育推進室 自己教育力の養成を目指した自律学修型
eラーニングプログラムの開発-国際標準の学術英語教育-
英単語部門賞 株式会社エル・インターフェース 英単語学習アプリ ディクタン
国際貢献部門賞 一橋大学イノベーション研究センター
e-Educationプロジェクト
アジア最貧国バングラデシュ版
ドラゴン桜e-Educationプロジェクト
スマート学習部門賞 羽根拓也、中島聡 学習者から勉強の苦労を解放するツール
「neu.Tutor(ノイ・チューター)」
ソーシャルオンライン英会話部門賞 株式会社ベストティーチャー 自分だけのオリジナル教材が作れる
ソーシャルラーニングオンライン英会話「ベストティーチャー」
バーチャルトレーニング部門賞 日産自動車株式会社 日産バーチャルトレーニングシステム
ビジュアルナビゲーション部門賞 株式会社シェアウィズ 学びが見える学習サービス ShareWis(シェアウィズ)
リソース活用技術部門賞 エル・ピー・ティー コンサルティング合資会社 FLASHコンテンツ資産をマルチデバイスで活用する
ワンソース・コンテンツ方式エンジン: Molee

授与式の最後には、授与式に参加された皆さまで記念撮影も行われましたが、皆さま、今回の受賞を、大変お喜びのご様子でした。

eラーニングアワード 2012 フォーラムeラーニングアワード 2012 フォーラムeラーニングアワード 2012 フォーラム

授与式の後には、『第9回 日本e-Learning大賞』受賞者によるプレゼンテーションを実施し、それぞれの取り組みについて、詳しく解説。参加された皆さんは、熱心に耳を傾けていました。

その他にも、『eラーニングアワード2012フォーラム』では、企業や学校などの各種団体による展示ブースや、さまざまな講演を開催。まさに、eラーニングについて徹底的に学び、情報を得られる3日間でした。参加された方々はきっと、さまざまな気づきを得られたことでしょう。

eラーニングアワード 2012 フォーラムeラーニングアワード 2012 フォーラムeラーニングアワード 2012 フォーラム

『日本の人事部』では今後も、人事担当者としてぜひ聴いておきたい講演、参加しておきたいセミナーなどのレポートをお届けしていく予定です。次回のイベントレポートにも、どうぞご期待ください。

※『eラーニングアワード2012フォーラム』詳細はこちらをご覧ください。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

イベントレポートのバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
スナックラーニング
モバイルラーニング