『ビジネスガイド』提携

厚生労働省発! 予防から事後対応まで
「パワーハラスメント対策導入マニュアル」の具体的活用法と留意点 (1/4ページ)

弁護士 野口 大/弁護士 大浦 綾子

2016/1/8

厚生労働省は、職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取組みを推進するため、「パワーハラスメント対策導入マニュアル~予防から事後対応までサポートガイド~」(以下、単に「マニュアル」という)を作成し、2015年5月15日にこれを公表しました。

パワーハラスメントについては、80%以上の企業が「職場のパワハラ対策は経営上の重要な課題である」と考えていますが、予防・解決のための取組みを行っている企業は全体の45.4%です。特に、従業員数100人未満の企業では18.2%に留まり、約20%の企業が「現在は行っていないが取組みを検討中」と回答しています(「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」2012年度)。

このマニュアルは、パワーハラスメントの予防・解決に向けた取組みを促進する目的で作成されるものです。マニュアルには、従業員アンケート調査のひな型、研修用資料、パワハラ相談対応者が使える相談記録票など、参考資料も豊富に収録されています。

以下ではこのマニュアルの重要ポイントを紹介しつつ、留意点等を解説することとします。

1 パワーハラスメントのリスク

パワーハラスメントが発生すると、被害者のモティベーションが低下し、加害者は信用が低下して損害賠償請求されるリスクを負い、企業も損害賠償請求されたり人材流出のリスクを抱えたりすることとなります。

(1)被害者のモティベーションの低下・心身の状況の悪化

photo

単にモティベーションが悪化するだけではなく、程度のひどいパワーハラスメントの場合には、それが原因で精神疾患を発症し、労災認定されることもあります。

心理的負荷による精神障害の認定基準(平成23年12月26日付基発1226第1号)によれば、精神障害が「ひどい嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」ことに起因する場合には、労災認定される可能性が高いことが明記されています。同基準によれば、例えば、

  • 部下に対する上司の言動が、業務指導の範囲を逸脱しており、その中に人格や人間性を否定するような言動が含まれ、かつ、これが執拗に行われた場合
  • 同僚等による多人数が結託しての人格や人間性を否定するような言動が執拗に行われた場合
  • 治療を要する程度の暴行を受けた場合

などは、心理的負荷の強度が強となる(その要因だけで労災認定される可能性が高くなる)とされています。2013年度精神障害の労災補償状況において、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」の件数が55件に増加して、具体的な出来事別の支給決定件数のうち最も多い類型となっていることも留意すべきです。

(2)加害者の社内信用低下、懲戒処分や損害賠償請求を受けるリスク

加害者も、パワーハラスメントを行ったということで社内信用が低下しますし、程度がひどければ当然懲戒処分の対象となったり、被害者から損害賠償請求されたりするリスクを負うこととなります。

(3)企業にとっての人事労務上あるいは法的リスク

パワーハラスメントの予防を怠り、蔓延する職場環境を放置していれば、貴重な人材も流出しますし、優秀な人材の採用も困難となります。近時はネット等で情報は一瞬で拡散され、「パワーハラスメントの蔓延するブラック企業」というイメージがつくと、企業の信用が大きく低下します。

法的にも、違法な言動による退職勧奨や、内部告発への報復的対応等企業が当該パワーハラスメントに積極的に加担している場合はもちろん、そうでない場合、例えば上司から部下への日常的な言動が問題とされる場合でも、使用者責任あるいは安全配慮義務違反として、比較的簡単に損害賠償義務が認められることに留意が必要です。

(4)その他のリスク

マニュアルでは指摘されていませんが、実務的には、被害者がパワーハラスメントを受けたことを契機に、戦闘的な外部労組に加入して同労組が介入してきたり、多額のサービス残業代請求のトラブルが発生したりする等、別の紛争に発展することがよくあります。パワーハラスメントの被害者は上司に恨みを持ちますので、その気持ちが着火剤となって、様々な人事労務上の紛争に発展する危険性があるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

小規模事業者も5月30日から適用対象に!
個人情報保護法ガイドライン 会社の現状チェックと対策
個人情報保護法改正の施行日が平成29年5月30日に迫っています。今回の改正により、今まで除外されていた小規模事業者も適用対象となるため、多くの中小規模事業者がそ...
2017/05/11掲載
行橋労基署長事件(最高裁判決)が与える影響は?
宴会への参加は労働法上どう位置付けられているか
昨年7月、歓送迎会に参加していた労働者が帰社する過程で交通事故死したことは、労災保険法上の業務災害に当たるとする最高裁判決が出され、法律家にとどまらず広く関心を...
2017/03/17掲載
採用活動で自社をいかにアピールする?
効果的な「求人票・求人情報」の作成方法
現在、企業における人材不足は非常に深刻であり、今後の企業経営に大きな影響を与える可能性があります。求人媒体は多様化しましたが、求人情報そのものの役割や作成時の留...
2017/01/06掲載

関連する記事

株式会社レナウン
目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦
アパレルは人なり。人が変わらなければ会社は変わらない――。1世紀以上の歴史を誇るファッション業界の老舗レナウンではここ数年、ビジネス環境の激変を受けて大胆な改革...
2012/01/23掲載となりの人事部
研修参加の義務付けは「アリ」なのか? 新人研修・従業員研修をめぐるQ&A 【前編】
「新人研修・従業員研修」に関する課題について、人事・研修担当者の皆さんが知っておくべき事項を、Q&A形式で裁判例などを挙げながら、弁護士・岩出 誠 氏が詳しく解...
2011/09/16掲載人事・労務関連コラム
増加する“モンスター社員 タイプ別分析&対応方法
近年増加するモンスター社員に対して、会社はどのような手を打つべきか――個別のケースを通して、具体的な対応策を紹介します。
2009/01/05掲載人事・労務関連コラム
職場のメンタルヘルス最前線 増加する“新型うつ病社員”への対処法
今までのうつ病のイメージには当てはまらない「新型うつ病」について、事例とともに、特徴や対応ポイントを紹介しています。
2008/05/02掲載人事・労務関連コラム
採用、自己決定権、メンタルヘルス、有給休暇、サービス残業……労使トラブル「解決失敗」事例(後編)
労使トラブルに対する適切な対処について、「失敗事例」から学びます。
2005/12/12掲載人事・労務関連コラム
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
【無料体験会】全く新しい研修スタイル
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...