企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

賃金相場は平均値だけでは読み取れない?

人と仕事研究所 関 夏海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
参考になるのは平均値?
ページ2
四分位範囲からわかる募集時給の分布
ページ3
実情にあった賃金相場を読み取るには?
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

人と仕事研究所では、アイデムの発行している新聞折り込み広告「しごと情報アイデム」の紙面から、募集時の賃金データを収集しています。収集した結果から、パート・アルバイトの時給データを抽出・集計し、毎月「パートタイマーの募集時平均時給」として公表したり、年1回冊子に製本して、お客様にお役立ち資料として活用していただいております。

また、人と仕事研究所のWEBサイト内の「平均時給検索システム」も、紙面から収集した情報を元にしています。今回のオリジナル調査では、「パートタイマーの募集時平均時給」の結果表を元に、それぞれの項目の意味やそこから読み取れることをご紹介いたします。

東日本エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県)
職種大分類集計

大分類パート・アルバイトの募集時時給(円)対前年同月比較
25%ile50%ile75%ile最頻値平均値増減額(円)増減率(%)
専門・技術職 940 1,100 1,500 1,000 1,285 37 3.0
事務職 850 910 980 1,000 926 20 2.2
販売・営業職 850 910 970 910 929 17 1.9
フード・サービス職 840 900 950 850 906 13 1.5
運輸・通信・保安職 900 1,000 1,100 1,000 999 13 1.3
製造・建設・労務職 850 910 1,000 1,000 939 18 2.0
その他 800 820 900 820 858 -3 -0.3
全体計 850 910 1,000 1,000 986 12 1.2

参考:パートタイマーの募集平均時給~平成27年11月集計結果

上の表は「パートタイマーの募集時平均時給」に掲載している集計の一つです。職種を大まかに分類した「職種大分類」の集計結果と前年同月の平均時給との比較をまとめています。

●25%ile、50%ile、75%ile :データを小さい順に並べたときに、小さいほうから1/4のところにあるデータを25%ile(第1四分位数)、1/2のところにあるデータを50%ile(第2四分位数、中央値)、3/4のところにあるデータを75%ile(第3四分位数)といい、まとめて四分位数(四分位値)といいます。
“%ile”は「パーセンタイル」と読みます。集団に含まれるデータの分布を把握するときに役立ちます。

●最頻値:集団の中で、最も度数(頻度)の多い値を示す言葉です。

●平均値:集団に含まれる全てのデータを足して、それをデータの個数で割った値です。代表の値としてよく使われています。

●増減額(円)、増減率(%):当年当月(上記表でいえば平成27年11月)の平均値が、前年同月(上記表でいえば平成26年11月)の平均値と比べてどれだけ変化したかを表しています。

参考になるのは平均値?

「内定を保有している学生一人あたりの内定獲得者数は平均で2.5社」「平成27年平均有効求人倍率は1.20倍」など、調査や集計の結果で使う代表の値として、平均値(相加平均)があります。

「パートタイマーの募集時平均時給」でも、平均値を使っています。平均値は「全てのデータを足して、それをデータの個数で割る」ことで求められるため、容易に算出することができ、かつこの容易さから相手に伝えやすいという特徴があります。

その一方で、平均値は「外れ値」の影響を受けやすいという特徴があります。外れ値とは、その集団の中で極端に値が高かったり、逆に低かったりするデータを指します。

外れ値の含まれる集団の平均値からは、実情を把握しきれないことがありますので、注意が必要です。

特に賃金に関する情報では、平均値だけでなく、最頻値や四分位数にも目を向けていただくと、実際の募集がよりイメージしやすくなります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

パート採用の成否は、職場のムード(雰囲気)しだい?
多くの企業が、人材不足を感じ、採用活動を行っても十分な手応えを感じることができていません。手応えを感じられないのは、なぜなのでしょう。労働人口の減少だけではなく...
2018/06/07掲載
パートが定着する上司、定着しない上司
人材不足で求人難の現在。“採用”という入口から人が入ってこないのであれば、出口つまり“退職”を防ぐ=定着させることで、企業内の人員を維持していくという視点も重要...
2018/05/10掲載
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結...
2018/04/09掲載

関連する記事

無期転換ルールの対応~企業は? 有期労働者は? 最新調査報告
労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約半年後に迫っています。有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか?企業は、どのように対応しよ...
2017/10/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
仕事と家庭、どっちが大事?
働く女性と働く男性。家事・育児にどのくらいの時間を費やしている?また、配偶者の協力体制に働く女性は満足している?女性活躍の現状と課題について聞いた調査結果から、...
2017/07/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
パート募集 超短時間シフト増加中?
生産年齢人口が縮小して行く中で、女性労働者の雇用は増加中。しかし、増えているのはパート雇用のみです。各社パートタイマーの奪い合いとも言える状況の中、募集条件には...
2017/06/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
パート賃金10年史~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者に占める非正規労働者の割合は4割に近づいています。今回は環境...
2017/02/22掲載新卒・パート/アルバイト調査
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...