日本の人事部 ロゴ
小杉 俊哉氏
慶応義塾大学大学院理工学研究科 特任教授 / 立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 客員教授
こすぎ・としや/早稲田大学法学部卒業。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修士課程修了。日本電気株式会社、マッキンゼー・アンド・カンパニー インク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を経て独立。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授を経て現職。専門は、人事・組織、キャリア・リーダーシップ開発。組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるために、組織と個人の両面から支援している。著書に 『起業家のように企業で働く』(クロスメディア・パブリッシング)、『リーダーシップ3.0―カリスマから支援者へ』(祥伝社新書)など。

小杉俊哉氏からのメッセージ

人事はこれからどうしたらいいのか?

人事の皆さんにお願いしたいのは、全員がリーダーになってほしい、ということです。言うまでもなく、役職に基づいて仕事をするのはマネジャー。これは管理職に限らず、人事担当者として自らの組織上の役割をこなすのはマネジメントです。

これに対して、個人の名前で周囲に影響を与え動かすのがリーダー。役職がなくとも、今期の目標でないことに、上司から指示されていないことに、一歩踏み出し何かを変える、始める。その時点で誰もがリーダーシップを発揮しているのです。

そのリーダーに、人事の全員がなって欲しいのです。人事という職種は、他部署とくらべても相当に「やらなければならない」ことが満載で、マネジメントで手一杯という人が多い。でも、ぜひとも、その上でさらに全社のため、社員のために「こうしたら皆喜ぶだろうな」とあなたが気づいているところに踏み出し、リーダーシップを発揮する勇気を持って下さい。全社員に対して横串を差して支援し、働き掛けができるのは人事だけなのです。

人事がそうなったときに、社内のいたるところにリーダーが生まれてくるのだと思います。まず人事から、です。