日本の人事部 ロゴ
小島貴子氏
東洋大学 理工学部生体医工学科 准教授 キャリアカウンセラー
こじま・たかこ/1958年生まれ。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)勤務。出産退職後、7年間の専業主婦を経て、91年に埼玉県庁に職業訓練指導員として入庁。キャリアカウンセリングを学び、職業訓練生の就職支援を行い、7年連続で就職率100%を達成する。2005年3月に埼玉県庁を退職。同年5月に立教大学で、社会と大学を結びつける「コオプ教育コーディネーター」に就任。07年4 月、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 特任准教授。10年4月より埼玉県雇用人材育成統括参与に就任。11年4月より東洋大学経営学部経営学科 准教授。12年4月より東洋大学理工学部生体医工学科 准教授、東洋大学グローバルキャリア教育センター 副センター長。多数の企業で採用・人材育成コンサルタント及びプログラム作成と講師を務める。二男の母。

小島貴子氏からのメッセージ

日本の人事部――まさに、それぞれの企業の人事担当者が『日本の人事部』として問題提起し、課題解決を探り、情報を交わして研鑽している。社会変化が激しく、スピードの速い時代の人事のあるべき姿と役割も刻々と変わっている。その中で、これからの人事には、自社の人材の育成や活用を考えるだけでなく、自社から飛び立った人材が多方面で活躍できる人材という着眼も必要であろう。人材の輩出が自社にとっては痛手であっても、広く日本の成長・成熟に貢献できることであるという自負と想定を持って人材育成・活用ができる、懐の深く肝の大きな企業として自社も成長するのではないだろうか? 『日本の人事部』での交流をみていると、このことを改めて言葉にするまでもなく、行われていると実感する場面が多々ある。

『日本の人事部』は、まさに大きな人事を行っている。