日本の人事部 ロゴ
大久保 幸夫氏
リクルートワークス研究所 所長
おおくぼ・ゆきお/1983年一橋大学経済学部卒業。同年株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て99年にリクルートワークス研究所を立ち上げ、 所長に就任。菅内閣、野田内閣で内閣府参与を歴任。2011年専門役員就任。2012年人材サービス産業協議会理事就任。専門は、人材マネジメント、労働 政策、キャリア論。著書に『日本型キャリアデザインの方法―「筏下り」を経て「山登り」に至る14章―』 (日本経団連出版)、『成長する人が実践する30のルール』(日本経済新聞出版社)、『日本の雇用―ほんとうは何が問題なのか』(講談社現代新書)、 『キャリアデザイン入門Ⅰ・Ⅱ』(日本経済新聞出版社)、『ビジネス・プロフェッショナル』(2006年 ビジネス社)など多数。

大久保幸夫氏からのメッセージ

私にとって人事部門の皆さんは、研究のパートナーです。企業が抱えている課題を、人という側面から解決するためにどのような制度をつくり運用していけばよいのか。どのような組織構造と文化をつくっていけばよいのか。それを語り合い、実際に試してみて、検証するという仲間です。幸か不幸か、人事を取り巻く環境は激変しているため、旧来のやり方を少し手直しするくらいでは課題を解決することはできなくなりました。かなり本質に立ち返って変革をしなればならないのです。ひとつに手を付ければ、自動的に他も変えなければならなくなる。大変な仕事、と言うこともできるし、だからやりがいがある、とも言えるでしょう。それをともに考えることができることをとてもうれしく思っています。会社を良い方向に動かせる人事プロフェッショナルの登場が待たれています。ひとりでも多くのプロフェッショナルが登場することを心より願っています。