日本の人事部 ロゴ
中竹 竜二氏
(公財)日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/U20日本代表ヘッドコーチ/株式会社TEAM BOX代表取締役
なかたけ・りゅうじ/1973年、福岡県生まれ。早稲田大学入学後ラグビー蹴球部に入部。4年次には主将を務め全国大学選手権準優勝。卒業後渡英し、レスター大学大学院社会学部修了。01年株式会社三菱総合研究所入社。06年早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、07年度から2年連続で全国大学選手権を制覇。10 年4月より日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターに就任。12年度はラグビーU20日本代表監督を兼任。日本における「フォロワーシップ論」の提唱者のひとりとして、次世代リーダーの育成・教育や組織力強化、成人向けの学びの環境づくりに貢献。企業コンサルタントとしても活躍中。主な著書に『自分で動ける部下の育て方—期待マネジメント入門』(ディスカヴァー新書)、『部下を育てるリーダーのレトリック』(日経BP)など。

中竹竜二氏からのメッセージ

人事こそUnlearn

「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」――これは、サッカー元フランス代表監督ロジェ・ルメールの有名な台詞です。どうしても、育てる側、管理する側は、対象者の成長を期待しがちです。しかし、学びを促す主催者・企画者である人事部こそ、常にUnlearnし、学び続ける姿勢でいるべきだと私は考えます。いま人事に求められるのは、学んできたすべてのことに疑問を持ち、常識や既存の価値を疑い、自分で考えることです。そして、考えるだけではなく、行動に移していくことではじめて、その組織に必要な人材や文化を新たに作り上げていくことができるのです。人事の皆さんこそが、「最も学び、誰よりも考え、自らアクションを起こしていく存在」となって、組織の未来を切り開いていって欲しいと願っています。
※Unlearn(アンラーン)とは、学びを0に戻すこと。