日本の人事部 ロゴ
高橋 俊介氏
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授
たかはし・しゅんすけ/1954年生まれ。東京大学工学部卒業、米国プリンストン大学工学部修士課程修了。 日本国有鉄道(現JR)、マッキンゼー・ジャパンを経て、89年にワイアット(現タワーズワトソン)に入社、93年に同社代表取締役社長に就任する。97 年に独立し、ピープルファクターコンサルティングを設立。2000年には慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任、11年より特任教授となる。 主な著書に『21世紀のキャリア論』(東洋経済新報社)、『人が育つ会社をつくる』(日本経済新聞出版社)、『自分らしいキャリアのつくり方』(PHP新書)、『プロフェッショナルの働き方』(PHPビジネス新書)、『ホワイト企業』(PHP新書)など多数。

高橋俊介氏からのメッセージ

組織人事マネジメントに関する基盤的自論、つまり組織人事の世界観は、多くの場合限定された組織環境における限られた経験から形成される、科学的根拠に乏しいものになりがちである。組織人材マネジメントは基本的に経営視点から考えるものであり、それ単独であるべき姿が決められるものではないが、一方で事業ドメインや競争環境などが唯一の正解を導くわけでもない。つまり、どんな人たちがどんな組織で、どのような気持ちで働くことが、どの事業ドメインでどのように特徴的価値を生み出し、どう企業と社会の利益に貢献するのか、その全体像の定義こそ、会社のあり方の根源を規定する。その時重要になるのは経営者を補佐する組織人事のプロフェッショナルの持つ組織人事全体への見識の深さであり、基盤的自論である組織人事の世界観であろう。経営人事としての機能を全うするためにも、幅広い知見から、科学的根拠と歴史的背景の理解に基づく、自身の組織人事の世界観の構築に日々励んでいただきたいと思います。