『日本の人事部』新着ニュース(社会) http://jinjibu.jp/ 『日本の人事部』は「人・組織・経営」に関する課題を解決するウェブサイト。全国のHRビジネス(人材開発、採用、育成・研修)、人事BPOサービス(制度運用、給与計算、福利厚生)の情報を網羅。イベント「HRカンファレンス」の開催や、人事の表彰制度「HRアワード」の主催、情報誌「LEADERS/リーダーズ」の発行、全国人事実態調査「人事白書」の企画発行も行う、日本最大のHRネットワークです。 大学生の就職内定率は86.0%と、調査開始以降同時期で過去最高~『平成29年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(12月1日現在)』(厚生労働省) https://jinjibu.jp/news/detl/14200/ 2018-01-18T11:05+09:00 厚生労働省と文部科学省では、平成30年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を共同で調査し、このほど平成29年12月1日現在の状況を取りまとめましたので、公表します。取りまとめの結果、大学生の就職内定率は86.0... 4割以上の企業が、社員の介護問題への支援を人事労務管理上の重要課題と位置づけ。7割弱が社員の実態把握に取り組む~『介護離職予防の取組みに関するアンケート調査結果』:日本経済団体連合会 https://jinjibu.jp/news/detl/14198/ 2018-01-18T06:00+09:00 一般社団法人 日本経済団体連合会は、1月16日、『介護離職予防の取組みに関するアンケート調査結果』を発表しました。 【介護離職予防の取組みに関するアンケート調査結果】(抜粋)1.社員の介護問題への支... 3年前と比較して「業務量が増加している」58.9%。99.2%の課長がプレーヤーとマネジャーを兼務~『第4回上場企業の課長に関する実態調査』:産業能率大学 https://jinjibu.jp/news/detl/14187/ 2018-01-17T06:00+09:00 学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、従業員数100人以上の上場企業に勤務し部下を1人以上持つ課長を対象に、職場の状況や課長自身の意識などに関するアンケートを実施し「第4回上場企業の課長に関する実態... 平成30年度雇用保険料率の告示案要綱を了承~平成29年度の料率を据え置き(厚生労働省) https://jinjibu.jp/news/detl/14174/ 2018-01-15T11:05+09:00 厚生労働省の労働政策審議会(会長: 樋口 美雄 慶應義塾大学商学部教授 )は1月12日、平成30年度の雇用保険料率を定める告示案要綱※を「妥当」と認め、加藤勝信 厚生労働大臣に答申しました(別添)。答申を踏ま... 過半数のリーダー層が、心理的安全性を知っていると回答し、7割強が必要と回答~職場での「心理的安全性」に関する実態調査:リクルートマネジメントソリューションズ https://jinjibu.jp/news/detl/14171/ 2018-01-15T06:05+09:00 企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)では、職場での「心理的安全性」の必要性や効能についての従業員の意識や、心理的安... 気DIは50.9、7ヵ月連続の改善~『TDB景気動向調査 2017年12月調査結果』:帝国データバンク https://jinjibu.jp/news/detl/14172/ 2018-01-15T06:00+09:00 2018年1月12日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。 <調査結果のポイント>1.2017年12月の景気DIは前月比0.9 ポイント増の50.9となり、2002年の調査開始以来の過去最... 自治体のRPA活用推進に向けた共同研究を開始~つくば市でRPAの適用業務や効果を検証し、自治体での働き方改革の推進を目指す:NTTデータ https://jinjibu.jp/news/detl/14169/ 2018-01-12T17:05+09:00 茨城県つくば市(以下:つくば市)と株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、株式会社クニエ(以下:クニエ)、日本電子計算株式会社(以下:JIP)は、自治体がRPAを効果的に活用できるよう、1月11日から共同研究... 「攻めのIT経営銘柄2018」選定における新たな評価ポイントを公表~今回から攻めのITの取組を更に加速させるための基盤となるシステムの刷新を図る取組についても高く評価(経済産業省) https://jinjibu.jp/news/detl/14152/ 2018-01-10T11:00+09:00 経済産業省は、「攻めのIT経営銘柄2018」選定のための新たな評価ポイント等を公表しました。今回の選定から、攻めのITの取組を更に加速させるための基盤となるシステムの刷新を図る取組についても高く評価します... 平成29年11月分、現金給与総額の前年同月比は0.9%増・所定外労働時間は2.4%増・常用雇用は2.6%増~毎月勤労統計調査平成29年11月分結果速報(厚生労働省) https://jinjibu.jp/news/detl/14141/ 2018-01-09T11:05+09:00 毎月勤労統計調査平成29年11月分結果速報を、今般とりまとめましたので公表します。 【調査結果のポイント】1.賃金(一人平均)(1)現金給与総額の前年同月比は、0.9%増となった。うち所定内給与は0.4%増、... 来年の国内経済への期待、昨年より15.5ポイント上昇!昇給への期待は2年振りに増加も、未だ低水準で推移~『ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 2018年の景況感』:ランスタッド https://jinjibu.jp/news/detl/14139/ 2018-01-09T06:05+09:00 総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO:ジャック・ファン・デン・ブルック)は、世界33の国と地域で実施する労働者意識調査「ランスタッド・ワーク... 求人情報提供サービスの2016年度の市場規模は前年度より552億円増加の7,954億円~『2016年度 求人情報提供サービスの市場規模』:全国求人情報協会 https://jinjibu.jp/news/detl/14135/ 2018-01-05T11:05+09:00 公益社団法人全国求人情報協会は、会員内外に対する調査*を踏まえて求人情報提供サービスの市場規模(推計含む)をとりまとめましたのでご報告します。 ●求人情報提供サービスの市場規模(推計)2016年度を... 女子中高生の「働き方改革」の認知度は6割弱、家庭への影響は約9割が「特になし」。将来は「誰もが活躍できる環境」を期待~女子中高生とその母親世代への『働き方改革に関する意識調査』:GMOリサーチ https://jinjibu.jp/news/detl/14134/ 2018-01-05T06:00+09:00 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、日本の未成年・成人モニターを対象に「働き方改革に関する意識調査」... おもてなしスキルスタンダードを策定~サービスの品質の見える化・高付加価値化に向け、サービス産業に携わる現場人材のスキルを標準化・体系化(経済産業省) https://jinjibu.jp/news/detl/14127/ 2018-01-04T11:05+09:00 経済産業省は、中小企業・小規模事業者人材対策事業(カイゼン指導者育成事業)の平成29年度採択事業者3社との協議により、サービスの品質の見える化・高付加価値化に向け、サービス産業に携わる現場人材のスキル... 自宅残業を行っている37.8%の回答者は、自宅のPCを利用している~『2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査結果』:IDC Japan https://jinjibu.jp/news/detl/14118/ 2018-01-04T06:05+09:00 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内PC市場に関して企業における従業員が求めるモバイルデバイスに関する調査... 平成28年の年次有給休暇の取得率は49.4%で上昇~『平成29年就労条件総合調査』の結果(厚生労働省) https://jinjibu.jp/news/detl/14124/ 2018-01-04T06:00+09:00 厚生労働省では、このほど平成29年「就労条件総合調査」の結果を取りまとめましたので、公表します。「就労条件総合調査」は、我が国の民間企業における就労条件の現状を明らかにすることを目的としています。対... 大手自動車メーカーの期間従業員の有期労働契約について、更新上限を設けている企業は、10社中10社。2年11ヵ月(又は3年)としている企業は7社~「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」結果(厚生労働省) https://jinjibu.jp/news/detl/14123/ 2017-12-28T17:05+09:00 厚生労働省では、 このたび、 大手自動車メーカー10社に対して行った「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を取りまとめましたので、お知らせします。 労働契約法第18条では、同一の使用... 就職活動開始時に地域限定正社員への応募意向がある割合は約72.6%。応募意向のある学生の現在の居住地域は、約64.9%が三大都市圏~『大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査』:JILPT https://jinjibu.jp/news/detl/14125/ 2017-12-28T17:00+09:00 労働政策研究・研修機構(JILPT)では、2018年春以降に就職することを予定している大学生・大学院生を対象に、多様な採用に対するニーズ調査を実施しました。その結果を速報版としてとりまとめ、公表します。なお... 採用手法、「新規学卒採用に重点」は約33.2%、「中途採用に重点」は約27.4%、「ほぼ同じ程度」は約32.0%~『企業の多様な採用に関する調査』:JILPT https://jinjibu.jp/news/detl/14116/ 2017-12-27T17:00+09:00 労働政策研究・研修機構(JILPT)では、全国の民営法人を対象に、多様な採用に関する実態調査を実施しました。その結果を速報版としてとりまとめ、公表します。なお、詳細の報告は追ってとりまとめ、当機構の調査... 新規大卒者のうち、地域限定等での就職を希望する者は多い一方で、正社員採用予定人数に占める地域限定正社員の割合は4%~『多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会報告書』(厚生労働省) https://jinjibu.jp/news/detl/14117/ 2017-12-27T11:00+09:00 我が国では、ICT・AI・IoT等の進展により、産業構造や各企業の事業構造の大きな変化が見込まれる。また、職業キャリアが長期化し、少子化や価値観の変化等を背景に働き方のニーズが多様化する中で、企業と労働者... 多様性増す働き方、このまま非正規で働きたい非正規社(職)員が増加。非正規の待遇改善やパラレルワーク容認も影響か?~『非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書 2017』:日本経営協会 https://jinjibu.jp/news/detl/14114/ 2017-12-27T06:05+09:00 一般社団法人日本経営協会(会長:浦野光人、東京都渋谷区)は、このたび「第2回非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査」を実施し、『非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書 2017』と...